交通事故を起こしてしまった時の最優先行動とは

MENU

最優先は「人命救助」

 

交通事故を起こした場合、まずしなければならないのは、
相手の怪我を確認し、人命救助を行う事です。

 

パニクってる人

人を轢いてしまった、どうしよう!と心臓はドキドキ、頭は真っ白になってしまうでしょう。
パニックになる人も多いはずです。

 

しかし大変なのはあなたよりも相手です。
まずは冷静になって、直ちに相手の怪我の有無を確認することが大切です。

 

 

意識があるか確認

怪我人がいる場合には、まずは救急車を呼びましょう

 

相手が道路から立ち上がれない時は、頭を打っている可能性があります。
頭を動かさないように注意して、耳元で大声で呼びかけましょう。

 

相手に意識があるかないかを確認します。
意識がなく、頭から出血している場合は、ヘタに動かしたりすると後々後遺症などの問題が残るかも知れません。
おとなしく救急車が到着するのを待ちましょう。
頭から出血している場合、耳の横(前側)を親指で強く押さえて圧迫すると止血作用があります。

 

 

呼吸を確認

相手の顔の近くに掌をおき、相手が呼吸しているか確認しましょう
呼吸が停止していたら、救急車の手配をして到着するまでの数分間が勝負です。

 

人工呼吸や心臓マッサージなどの蘇生措置を行うことで相手が助かる確率がぐんと変わります。
心拍が停止した時間が、その後の死亡率に影響しますから、蘇生措置は非常に重要になるのです。

 

 

車の移動

大破した自動車を道の真ん中に置き去りにしていては、二次災害的な交通事故を引き起こす可能性も高くなります
移動できるようなら、すみやかに道の端に自動車を移動させましょう。

 

しかし現場保全の立場から、事故直後の状態を携帯のカメラなどで撮影しておくと、後々事故の検証の時に役に立ちます
自動車が動かない場合には、ボンネットを開けたり、ハザードを点滅させ、事故を周囲の車に知らせて下さい。
交通整理を周囲の人にお願いすることも大切です。

 

 

 

警察に連絡

まず人命救助、救急車の要請、車の移動、その後に保険会社に連絡しましょう。
保険会社の電話番号と自分の保険NO位は普段から免許証と一緒に持ち歩く事をおススメします。
パニックになると人は冷静な判断が出来なくなります。早急に周囲の手を借りましょう。
警察は必ず呼ぶこと!